虫歯について 最新の治療

Vital Pulp Therapy (バイタルパルプセラピー) 

深い虫歯の神経を守りたい!

最新の治療法・新しい材料の出現で歯の寿命を延ばせる可能性が高まりました。

歯の神経を取ってしまうと二度と戻りません。神経の無い歯は神経のある歯に比べて歯の喪失につながる確率が高いため、できる限り神経の保存を試みるべきです。
バイタルパルプセラピーは歯の神経が活性を失わないようにするために考えられた治療法で、MTAというセメントの開発はこの治療法の成功率を飛躍的に高めました。

MTAセメントは高い生体親和性と硬組織誘導能に優れており、感染を取り除き神経組織に作用させることでさまざまな細胞から良好な反応を得られることが報告されています。

つまり、悪い部分のみを取り除きMTAを作用させれば神経をすべて取り除くという処置(抜髄処置)を回避できる可能性があります。MTAが新しい象牙質を形成を促進して歯の神経を保護してくれるからです。神経が保護されれば歯の寿命を延ばすことができます。

夢のような治療法ですが欠点もあります。それは必ず成功する治療法ではないということです。いかなる診査方法を用いても感染している組織の範囲を100%確実に診断することはできません。不幸にして良い結果が得られなかったときは痛みをともない、再治療が必要になります。それゆえ、積極的にバイタルパルプセラピーを行うかどうかの判断は患者さんにゆだねる事になります。

神経まで到達していない虫歯の考え方

ヨシエ歯科医院では、消毒薬や抗菌剤で虫歯を消毒した後、Immediate dentin sealing法を応用した最新の治療を行っています。

ハイブリッドコートを用いたdentin sealing法

ハイブリッドコートを用いたdentin sealing法

ハイブリッドコートを用いたdentin sealing法

Immediate dentin sealing法とは、消毒された歯面を特殊な樹脂被膜でコ-ティングする方法です。

コーティング面は細菌の内部再侵入を妨害し、歯の神経を保護します。
また、この被膜は強い酸にも溶けにくいため、虫歯の原因である酸から強力にガードし、歯を守り続けます。

つまり酸と細菌の再進入を妨害するので、神経を保護し、虫歯に対して強い歯を作ります。
もし、このコーティングがなく従来型のセメント(酸塩基反応で硬化するセメント)で詰め物や冠が合着された場合、そのセメント自体が持つ酸によって数ミクロンの象牙質が溶かされて、そのすき間から再び虫歯になっていくケースが多いということがわかっています。

Immediate dentin sealing法は従来の治療とは異なる視点の新しい療法であり、現時点において、出来るだけ歯を削らず、なおかつ神経を保護する最良の方法といえます。

ヨシエ歯科医院ではすべての生活歯にこの方法を行っています。
[Minimal Intervention Dentistry]
「虫歯はどこの歯科医院で治療しても同じ」ではありません。

初期虫歯は…

近年、虫歯の進行のプロセスや成り立ちを研究するカリオロジーという学問の研究が進み、これに歯科材料の進歩も伴って、虫歯の部分を従来のように大きく削らなくても十分な治療が可能になりました。

また、虫歯は特定の細菌による感染症です。歯は脱灰・再石灰化のプロセスを繰り返すので,白濁などの初期虫歯は環境さえ整えてあげれば自然修復されることもわかっています。

自然修復の可能性がある虫歯は削り取るべきではありません。
このような治療法は確実に歯の寿命を伸ばします。

適合性?

詰め物や冠の重要なポイントはなんでしょう?
そのひとつは適合性です。

適合が悪いとその隙間は大きさ1μの細菌にとっては絶好の住み家になり、そこでまた歯を溶かし始めてあっという間にまた虫歯が…。

この適合チェックは肉眼ではそれなりにしか出来ません。
もしも最近入れた詰め物中にデンタルフロスの引っかかる物があったとしたら…
それは不適合かも…?

ヨシエ歯科医院では最良の適合をご提供するため、すべて実体顕微鏡で適合チェックをしています。

見えない努力がここにもあります。

ご予約・お問い合わせはこちらへ03-3453-2867診療時間:平日 9:00 - 12:30  14:30 - 19:30土曜 10:00 -14:30 日曜・祝日 休診